世の光

光。スポットライト。日の目。光と聞くと、なんだか華やいだものが思い浮かびます。でも、太陽さんもまた光なのですよね。そんな太陽さんは、誰にでも降り注ぐもので。光のあたらない人なんて、いないということですね。誰も知らないところで誰かが誰かを見ているものなのでしょう。 PENTAX K-50smc takumar 50mm/1.4ロケ地 福井県福井市・安養寺

続きを読む

世の東西を問わず小銭は信仰心と関わってきます。泉にコインを投じる文化が時として問題になるほどです。「浄財」という観念があって、本来お金は汚いものなのです。その汚いお金を清めるために、一部の財産を手放すのです。神道・仏教に限らず、キリスト教にもイスラム教にもみられる「浄財」。もしかするとそれは、原初の富の再配分だったのかもしれません。 PENTAX K-50smc takumar 50mm/1.4ロケ地 福井県福井市・朝日山不動寺

続きを読む

1.4

私の持っているレンズで一番明るい解放値はF1.4です。そのF1.4で、思いっきりボケをつくってみました。カラーだとうるさくなるボケも、モノクロだと静かです。ソフトフォーカスになって、むかしの白黒映画のよう。被写体にも白黒映画のような雰囲気があります。モノクロで年末というのも、いいものですね。 PENTAX K-50smc takumar 50mm/1.4ロケ地 福井県福井市・朝日山不動寺

続きを読む

人気記事