揺れました。

「いつかは来る」と思っていた地震。想像以上に揺れましたが、想像以上に建物は丈夫でした。友達もみな大丈夫だったようで、ひと安心。油断は出来ないのですけれどね。というわけで、大丈夫という報告でした。

続きを読む

落選

もう10年も続く落選騒ぎ。小説を書いてはコンテストに応募して、落選の繰り返し。どうしてダメなんだろう???全力投球をしすぎているから???テーマはいつも「いい人の心を旅する」というもの。いい人だから悩んで苦しむ、その葛藤を克服してエンディング。でも、いつも1次選考すら通らないのです。なぜ???「じゃあ、電子書籍だ!!」と思ったのですが、売れませんよ。私だったら、素人さんの書いた本は手に取りませんから。どこの会社にも入れずに、一念発起して目指した小説家の道。でも、「そういうこと」なのかもしれません。落選には落選の理由があるのでしょうから。それなのに、その理由が私には分からない……。手元に置いていても意味のない原稿の数々。これらを現金化出来る魔術が使えたらなぁ。何かアイデアはないものでしょうか。って、こういうのが重たいのだろうなぁ。

続きを読む

手負いの獣

体調は、おそらく大丈夫です。いま、それよりも問題なのは精神面。ちょっとしたことに過敏に反応してしまうのです。自分の最も醜い面「黒い人」が表に出てきてしまっています。他人を憎むことしか出来ない自分。そんな自分に、先ほど別の自分が語りかけました。「そんなに憎いなら、傷付けて金品を奪えばいいじゃない」これを言い出したのは「にぃ」と呼ばれる自分。そこから「にぃ」の説教が始まったのですが、いちいちごもっともで。結局、私には憎むことも刑務所暮らしも出来ないことが分かりました。極論に走れないから、中途半端なところでウロウロする。「だって私は人間だから」一番便利な言葉です。結局はそこに落ち着いていくのでしょうけれど。本当、手負いの獣ほど危ないものはありません。でも、「にぃ」が出てきたということは、たぶん大丈夫ということ。しばらくは「にぃ」に話を聞いてもらうかなぁ。というわけで、このブログの沈黙はまだ続きそうです。「ゼンマイは、動き出すためにエネルギーを貯めなければいけない」ありきたりな言葉ですが、その通りでもあります。誰が言った言葉なのかは知らないのですが。それでは、また。

続きを読む

人気記事